プロミスでは利用限度額の増額を申し込むことができます!ただし増額が認められるためには審査に通過することが必要

プロミスで増額に対応してもらうためのコツを紹介-プロミスキャッシングナビ

プロミスweb契約

お急ぎの方必見!
プロミスの融資条件が分かる!

プロミススピーディ審査

スピーディな審査はプロミスの魅力!
審査の前にまずはこちらをチェック!

プロミスQ&A

営業時間は?金利は?返済方法は?
プロミスの質問に何でも答える!

プロミスの利用限度額の増額を希望する場合にはどうすればよいのでしょうか?

プロミスの利用限度額の増額

 

プロミスに申し込んだ場合には審査により、利用限度額が決められることになります。契約後は認められた利用限度額の範囲内であれば自由に借り入れや返済などを利用することができるのですが、特に初めてプロミスに申し込む人の場合には少額の利用限度額でプロミスの利用を始めるというケースが多いようです。プロミスでは利用開始後に利用限度額の増額を申し込むことができます。ただし実際に増額が認められるためには審査を受けて、これに通過することが必要です。今回はプロミスの利用限度額増額の仕組み審査に通過するための条件などについて、さらに詳しく確認してみたいと思います。

 

利用限度額はどのように決められるのでしょうか?

 

プロミスでは申し込みの際に、契約者それぞれに対して利用限度額が決められることになります。利用限度額は申込者の職業や年収の額などに応じて個別に設定され、利用限度額の範囲内であれば何度でも借り入れや返済を行うことができるのです。利用限度額については利用開始後に、限度額の増額を申し込むことができます。利用限度額は利用者の利用状況などに応じて変動することになるのです。

 

利用限度額の範囲内であれば自由な金額を借り入れることができます

 

プロミスでは利用限度額の範囲内であれば、いくらでも自由な金額を借り入れることができます。例えば利用限度額30万円が認められた場合であれば、10万円を借り入れることもできますし、あるいは30万円を借り入れることもできるのです。また10万円を借り入れたという場合にはさらに追加で20万円までの借り入れが認められますし、借り入れた10万円を返済してしまえば再度30万円までの借り入れが認められることになります。プロミスカードを利用すればプロミスのATMや提携ATMを利用して借り入れを行うことができますし、またプロミスのインターネット会員サービスを利用すれば指定した口座あての振り込みによる融資を依頼することができます。その他には三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座があれば「瞬フリ」という24時間即時入金が可能になる振り込み方法を利用することができますし、またプロミスコール(コールセンター)に電話をして振り込みによる融資を依頼することなどもできます。

 

利用限度額を増額してもらうためには

 

ただし借り入れが認められるのはあくまでも利用限度額の範囲内に限られることになりますので、さらに大きな金額の借り入れを希望する場合などには、プロミスに利用限度額の増額を申し込むことが必要になります。利用限度額の増額は、プロミスインターネット会員サービスの「限度額変更申し込み」から申し込んでください。またプロミスコールに電話をして、オペレーターに利用限度額の増額を申し込むこともできます。プロミスでは利用限度額の増額の申し込みがあった場合には、申込者ごとに審査を行って増額の可否を判断することになります。

 

次のような人の場合には利用限度額の増額は難しいかもしれません

 

プロミスに利用限度額50万円超の増額を申し込む場合や、他社借り入れと合わせて100万円超となる増額を申し込む場合などには、収入証明書を提出することが必要になります。さらに審査の際には信用情報機関に情報の照会を行いますので、次のような人の場合には利用限度額の増額を認めてもらうことは難しいかもしれません。

 

これまでに延滞の履歴がある人

 

これまでに延滞の履歴がある人の場合には、信用情報に問題があると判断されて原則として利用限度額の増額は認められなくなります。信用情報機関にはすべての金融機関の利用履歴が登録されていますので、プロミスの審査では他社における延滞の有無などについてもすぐにわかってしまうのです。他社における延滞の履歴があるという場合にも、プロミスの利用限度額の増額は認めらなくなります。

 

契約をした時点よりも収入が減少した人

 

現在の経済状況では定期的な給料の増額は難しくなっていますし、さらに転職やリストラなどにより職業そのものが変わった人などもいるでしょう。プロミスに申し込んで契約をした時点よりも収入が減少した人の場合には、利用限度額の増額は難しくなります。一方で逆に契約の時点よりも収入が増加したという人の場合には、利用限度額の増額が認められる可能性が高くなるのです。

 

登録情報の変更を届け出ていない人

 

プロミスと契約する際には、住所や電話番号などの各種の情報を登録することになります。これらの情報に変更があったにもかかわらず、登録情報の変更を届け出ていないという人の場合には、信用に問題があると判断されて利用限度額の増額は認められなくなります。契約時に登録した情報に変更があった場合には、できるだけ早く届け出ることを心がけてください。

 

プロミスとの契約をしてから半年以内の人

 

プロミスの利用限度額の増額については、申込者の利用状況(確実に返済をしているかなど)に基づいて審査が行われます。プロミスの契約をしてから半年以内の人の場合には利用実績が足りないと判断されることになりますので、利用限度額の増額は認められないのです。利用限度額の増額が認められるためには、少なくとも半年以上の利用実績が必要になります。プロミスとの契約をしてから半年以内の人の場合には、半年以上が経過してから利用限度額の増額を申し込むようにしてください。

 

借り入れを利用していない人

 

プロミスと契約をしてから一度も借り入れを利用していない人の場合には、契約から半年以上が経過していても利用実績はゼロと判断されることになりますので、利用限度額の増額は認められないということになります。また同様に借り入れ額が少額の人の場合にも、利用限度額の増額が認められないことがあるようです。例えば利用限度額30万円が認められているのに5万円〜10万円程度の借り入れしか利用していない人が、いきなり50万円を超える借入限度額の増額を申し込んだ場合などには、審査担当者には「怪しいのではないか?」と思われて警戒されてしまうことになります。他社借り入れの返済のために利用限度額の増額を申し込む人などがいるため、普段の利用状況に対して大きすぎる利用限度額の増額を申し込んだ場合には、利用限度額の増額が認められないことが多くなるのです。

 

総量規制の対象となる人

 

プロミスの借り入れには、2010年に貸金業法の改正により設定された総量規制が適用されることになります。総量規制は借り入れの限度額を最大で年収の3分の1までに制限する規則であり、これを超える金額の借り入れは認められないのです。例えば年収が150万円の人の場合には総量規制による利用限度額は50万円までとなりますので、それ以上の増額を申し込んでも審査には通らないということになります。ちなみに総量規制は全てのキャッシングなどの借り入れの総額に対して適用されますので、他社のキャッシングからの借り入れを利用している人の場合にはその分だけプロミスでの借入限度額が制限されることになります。(ただし住宅ローンなどの一般ローンや銀行が提供するカードローンなどについては、総量規制の適用対象外となります。)

 

利用限度額の増額が認められなかった場合には不利になってしまう可能性があります

 

利用限度額の増額が認められなかったという場合には、その後の利用などの際に不利になってしまう可能性がありますので、利用限度額の増額の申し込みについてはくれぐれも慎重に判断することが必要になります。

 

利用限度額が減らされてしまう場合があります

 

利用限度額の増額を申し込む際には、収入が証明できる書類の提出が必要になる場合があります。この時にプロミスの契約をした時よりも収入の額が減っていたのであれば、利用限度額を減らされてしまうかもしれないのです。またそれまでよりも高い金利が設定されたり、あるいはプロミスの契約を解約されてしまうことなどもあるかもしれません。プロミスの契約時よりも職業や収入などの条件が悪くなってしまったという人の場合には、利用限度額の増額に申し込むことは控えた方がよいでしょう。

 

他社の審査に影響する場合があります

 

プロミスでは利用限度額の増額の申し込みが行われた場合には、審査により増額の可否が判断されることになります。この時に増額の審査に落ちてしまうと、審査落ちの履歴が個人信用情報機関に信用情報として登録されることになるのです。他社のキャッシングやローンなどに申し込んだ際には個人信用情報機関に情報の照会が行われますので、この時に審査落ちの履歴があると他社における審査に影響することになります。「増額の審査に落ちたことには何か理由があるのではないか?」と疑われることになりますので、他社における審査はより厳しく行われることになるのです。

 

利用限度額の増額を認めてもらうためには日ごろからの注意が必要になります

適度に借り入れを利用して確実な返済を心がけるようにしましょう。
プロミスの利用限度額の増額の審査では、契約後の利用状況などを参考にして増額の可否が判断されることになります。適度に借り入れを利用してそれを確実に返済していれば、プロミスの審査では信用が高く評価されるのです。プロミスでは貸し倒れによる回収不能を警戒して厳しい審査を行っていますが、一方で確実に返済をしてくれる顧客に対しては積極的に借り入れを利用してほしいと考えています。確実な利用履歴を積み重ねることで優良な顧客であると認められれば、利用限度額の増額が認められる可能性も高くなるのです。

 

他社の借り入れも確実に返済するようにしてください

 

プロミスの利用限度額の増額の審査では個人信用情報機関に対して情報の照会が行われますので、他社における延滞などの履歴についてもすぐにわかってしまうことになります。他社からの借り入れについても延滞などをせずに確実に返済することを心がけてください。また返済に余裕があれば他社借り入れをすべて完済してからプロミスの利用限度額の増額に申し込むようにすれば、より審査には通りやすくなるはずです。

 

プロミスの側から利用限度額の増額を提案される場合などもあります

 

今回はプロミスの利用限度額増額の仕組み審査に通過するための条件などについて確認してみましたが、いかがでしたでしょうか。主な内容について簡単にまとめてみると、以下の通りとなります。

 

  • プロミスでは利用限度額の増額を申し込むことができます
  • 利用限度額の増額が認められるためには審査に通過することが必要になります
  • 利用履歴を積み重ねて優良な顧客であると認められれば利用限度額増額の審査には通りやすくなります

 

プロミスの契約後に借り入れを利用して、その後延滞などをせずにきちんと返済をしている人の場合には、自分から申し込まなくてもプロミスの側から利用限度額の増額を提案されることが多いようです。プロミスでは利用限度額の見直しを定期的に行い、優良な顧客に対してはプロミスの側から利用限度額の増額を積極的に提案しています。確実な返済を続けていれば利用開始から半年程度で増額を案内されることになりますので、慌てて利用限度額の増額に申し込むよりもプロミスからの増額の提案を待った方が安心で確実だといえるでしょう。

プロミス プロミスおすすめポイント


実質年率 融資限度額 無利息期間
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間
審査時間 レディース 即日振り込み
スピーディ審査

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

※フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。


プロミス

ホーム RSS購読 サイトマップ