個人事業主の借入注意点

個人事業主がキャッシングをする上での注意点-プロミスキャッシングナビ

プロミスweb契約

お急ぎの方必見!
プロミスの融資条件が分かる!

プロミススピーディ審査

スピーディな審査はプロミスの魅力!
審査の前にまずはこちらをチェック!

プロミスQ&A

営業時間は?金利は?返済方法は?
プロミスの質問に何でも答える!

個人事業主がキャッシングをする際気をつけるポイント

個人事業主がキャッシングをする上での注意が必要なポイントにはいくつかありますが、まずは「書類をちゃんと揃える」ということがあげられます。
一般の個人の方が借り入れを行う場合よりも個人事業主の方が借り入れを行う場合のほうが必要書類が多くなりますので注意が必要です。
具体的に言うと、一般の個人の方が借り入れる際に必要となる書類は、本人確認書類と収入証明書類として直近の給与明細書2か月分のみで良いのですが、個人事業主の借り入れの場合には収入証明書類として「確定申告書」又は「納税証明書」のどちらかの提出が必要となります。

 

さらに、青色申告をされている場合には青色申告決算書が、白色申告をされている場合には収支内訳書の提出も必要となります。
このように個人事業主の場合には必要となる書類が多くなりますので、書類を揃えるのに手間取り借り入れるまでに時間が掛かるという事もあるようです。
ですが、ちゃんと準備をし、問題が無ければすぐにお金を借りることが出来るというのがキャッシングのメリットですので、あまり難しく思う必要はありません。

 

会社の収支によりキャッシング審査に影響

個人事業主の方が注意すべきもう一つのポイントとして、「会社の収支」があげられます。
会社の赤字経営が何年も続いている場合や、個人事業主自身の年収が異常に少ない場合にはキャッシングの審査を通過しにくい恐れがありますが、黒字決算をしており、年商に見合った年収となっている場合には問題なく審査を通過する可能性が高いですので、ご安心下さいね。
「年収が少ない」「年収以上の赤字経営となっている」という場合には、基本的には審査に通らないようですので、キャッシングをする時には注意して下さいね。

 

キャッシングを選ぶ

同じようなキャッシングであっても「審査に前向きな会社」と「審査が厳しい会社」があるので、前向きに審査をしてくれるところに頼んだほうが借り入れやすくて良いですよ。
ですが、審査に前向きな会社は「金利が高い」傾向や、「多くの金額は借りることが出来ない」といった傾向にありますので、まとまった金額の借り入れをお考えの方には厳しいかもしれません。

 

プロミス プロミスおすすめポイント


実質年率 融資限度額 無利息期間
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間
審査時間 レディース 即日振り込み
スピーディ審査

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

※フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。


プロミス

ホーム RSS購読 サイトマップ