MENU

お借入シミュレーションで不可の場合はどの項目が問題か考えましょう!

 

Question

プロミスのお借入シミュレーションで判断できないと回答されたら本審査は絶望?

 

プロミスでのキャッシングを考えているのですが、お借入シミュレーションで

 

 

お借入シミュレーション判断不可

 

大変申し訳ございませんが、ご入力いただいた内容だけでは、判断することができません。

 

プロミスお借入シミュレーションより

 

と回答されました。

 

一応申し込みには進めるのですが、無理な申し込みを繰り返すと「申し込みブラック」になると聞いたので迷っています。

 

こういった場合の本審査通過は難しいのでしょうか?

 

 

Answer

可能性は0ではないが入力ミスがなければ本審査通過は厳しい状況です

本審査は厳しい

 

プロミスのお借入シミュレーションはあくまで審査の目安をはかる為のもので本審査の結果を保証するものではありません。

 

ですからお借入シミュレーションでは融資可という結果でも、本審査に申し込んでみると融資不可と場合もあります。

 

もちろん、この反対のケースもあります。

 

お借入シミュレーションでは融資不可だったのが、本審査を受けてみたら審査に通過できるというケースも稀にあります。

 

今回のように「判断不可」と診断された場合は、どの項目がダメだったのか検証していく必要があります。

 

入力項目とその意味を考え、本審査に通過できるか考えてみましょう。

 

プロミスのお借入シミュレーションに必要な3つの項目

 

3つの項目

 

プロミスのお借入シミュレーションで必要なのはたった3つの項目だけです。

 

  • 生年月日
  • 年収
  • 現在の他社お借入金額

 

本審査になるとたくさんの個人情報を入力しなくてはなりませんが、3秒診断なら、生年月日と年収と現在の債務状況だけでお手軽診断が受けられるのです。

 

これら3つの項目の判断基準を考えてみましょう。

 

生年月日

西暦ではなく「昭和」「平成」の和暦での入力となります。

 

プロミスでキャッシング可能なのは

 

20歳〜69歳

 

と決められています。対象外の年齢を入力すると下記のように表示され先に進むことはできません。

 

ちなみに20歳以上であれば学生でも申し込みは可能です。(アルバイトなどで安定した収入が必要)

 

入力内容に誤りがあります。もう一度ご確認ください。

 

プロミスお借入シミュレーションより

 

判断不可で申し込みは可能ということなので「生年月日」の項目についてはクリアされています。

 

年収

大まかな年収を入力します。

 

1万円と入力すると下記のように表示されますが、申し込みには進むことができます。

 

大変申し訳ございませんが、ご入力いただいた内容だけでは、判断することができません。

 

プロミスお借入シミュレーションより

 

1万円以上

 

プロミスのキャッシング条件として「安定した収入がある人」とあるので「0」でなければお借入シミュレーションで不可になることはないでしょう。

 

ただ年収が低すぎると本審査に通る確率が低くなります。

 

現在の他社お借入金額

本審査の通過に大きく影響するのはこの「現在の他社お借入金額」となります。ただお借入シミュレーションではあまり重視されていないようで次のような結果となりました。

 

年収300万円
@借入金額100万円 A借入金額300万円 B借入金額400万円

 

まさかのすべての入力で同じ結果に。

 

大変申し訳ございませんが、ご入力いただいた内容だけでは、判断することができません。

 

プロミスお借入シミュレーションより

 

明らかに借入不可だと思えるBの入力でも。「判断不可」ですが申し込みに進むことができます。

 

年収<借入金額でも可

 

本審査では年収<借入金額では絶対に落とされます。

 

ではなぜ明らかに審査に落ちる条件なのに申し込みに進めるのか?を解説していきます。

 

入力した他社お借入金額が本当にあっていますか?

他社借入金額をちゃんと理解していない場合は本審査通過の可能性もあります。年収300万円の場合で考えていきます。

 

借入 金額
アコム 50万円
アイフル 50万円
借入合計 100万円

 

この借入状況では合計借入金額が100万円となり、総量規制によりこれ以上の借入は不可能になります。

 

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。(ただし一部除外または例外となる借入れもあります。)

 

総量規制とは | 貸金業法について

 

借入 金額
アコム 50万円
自動車ローン 50万円
借入合計 100万円50万円のみ

 

アコム・アイフルの借り入れと同じように合計が100万円だと思って入力してしまう人も多いようですが、この借入状況では合計50万円の入力でOKです。

 

・総量規制の適用除外とされる貸付

  • 住宅ローン
  • 自動車ローン
  • 高額療養費のための貸付など

 

総量規制対象外に「自動車ローン」が含まれるためです。

 

どの借入がプロミスのキャッシングに影響するのかわからず入力する人が多いので、おそらくこの項目で不可の判断はせず本審査に進むことができるのでしょう。

 

・確実な結果ではないお借入シミュレーションは必要?

 

キャッシングの申し込みで気になるのは、やはり住所や氏名などの個人情報です。

 

本審査でこれらの情報が必要になるのは当たり前としても、お借入シミュレーションにおいては出来るだけ細かい個人情報を入力したくないというのが多くの方の本音です。

 

プロミスのお借入シミュレーションなら個人情報の入力が不要ですから、初めての人でも気楽に利用することが出来ます。

 

お借入シミュレーションの判断基準まとめ

プロミスに限らずキャッシングを利用する際には審査を受けなくてはなりません。

 

審査をクリアしない限りキャッシングすることはできないので、多くの人が不安に感じます。

 

お借入シミュレーションなどの簡易審査の結果は、必ずしも本審査と同じになるわけではありませんが、簡単な目安としては利用価値があります。

 

判断不可の場合は3項目の入力の見直しを行ってください。

 

  • 生年月日
  • 年収
  • 現在の他社お借入金額

 

とくに「現在の他社お借入金額」に間違いはありませんか?再入力で

 

お客さまの条件ですと、ご融資可能と思われます。

 

プロミスお借入シミュレーションより

 

 

と表示されれば本審査の申し込みに進みましょう。

 

再度判断不可と表示される場合は「プロミスの審査基準」を確認し、クリアしていれば申し込んでも本審査に通過する可能性はあるでしょう。

 

プロミス プロミスおすすめポイント


実質年率 融資限度額 無利息期間
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間
審査時間 レディース 即日振り込み
スピーディ審査

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

※フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。


プロミス