MENU

プロミスのキャッシングは50万円以下は収入証明書不要

プロミスでは契約の際に保証人が必要ありません。これもまた手軽に利用できる理由の一つですが、借入希望額などの条件によっては収入証明書と呼ばれる書類の提出が必要になる場合もあります。
社会人でも収入証明書を求められるケースはありますが、より収入証明書が必要になりやすいのは自営業者の方です。自営業者の場合は確定申告書の写しなどが収入証明書として機能するので、申し込み前に用意しておくと安心かもしれません。

 

収入証明書が必要なのは50万円から

プロミスで収入証明書が必要になるのは、原則50万円を越える借り入れからです。これ以下の融資なら収入証明書は不要で、収入の自己申告だけで融資を受けることが出来ます。
もちろんこれは原則なので、利用者のスペック次第では50万円以下でも収入証明書が必要になる場合もあります。ですがこれは余程特殊なケースですから、そういう可能性もある、という程度に認識しておいてください。

 

借入残高と借入希望額の合計が100万円を超える時

もしも他社からの借り入れがあり、その金額と新たにプロミスに申し込んだ借入希望額の合計が100万円を超えてしまう場合にも収入証明書が必要になります。プロミスでの借入希望額が50万円以下でも、この場合には収入証明書を用意しましょう。
本来なら50万円以下の融資の場合は収入証明書は不要なのですが、総額が100万円を超えるとなると話は変わってくるのです。より確実に返済能力を確認する為にも収入額を知る必要があるので、プロミスが定める収入証明書を事前に用意しておいてください。

プロミス プロミスおすすめポイント


実質年率 融資限度額 無利息期間
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間
審査時間 レディース 即日振り込み
スピーディ審査

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

※フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。


プロミス