プロミスでは2種類の解約方法を利用することができます

プロミスを利用しなくなった場合には契約を解約してしまった方がよいのでしょうか?プロミスの契約の解約について詳しく確認してみましょう

プロミスweb契約

お急ぎの方必見!
プロミスの融資条件が分かる!

プロミススピーディ審査

スピーディな審査はプロミスの魅力!
審査の前にまずはこちらをチェック!

プロミスQ&A

営業時間は?金利は?返済方法は?
プロミスの質問に何でも答える!

使わないカードの保管が不安なら解約も可能

プロミスの解約

 

以前はプロミスを頻繁に利用していたけれども、今はまったく利用していないという人なども多いのではないでしょうか。今後プロミスを利用する予定がないのであれば、プロミスの契約については解約してしまうことをおすすめしたいと思います。利用しない契約を残しておくと様々な不具合などが生じる場合などもありますので、できるだけ早めに解約してしまうことを検討してみてください。

 

プロミスでは「プロミスコール」と「お客様サービスプラザ」の、2種類の解約方法を利用することができます。いずれかの方法を自由に選択することができるのですが、解約のための手続きなどが若干異なりますので注意が必要です。今回はプロミスの解約方法などについて、さらに詳しく確認してみたいと思います。解約手続きに申し込むための参考として活用してみてください。

 

「プロミスコール」による解約方法をご紹介します

 

プロミスコール(コールセンター)に電話をかけてオペレーターに解約の意思を伝えることにより、プロミスの契約を解約することができます。解約の意思をオペレーターに直接伝えることが必要になるのですが、オペレーターが対応する時間帯があらかじめ決められていますので、手続きができる時間帯は限られることになります。

 

プロミスコールの対応時間について

 

プロミスコールでオペレーターが対応を行う時間帯は、平日の午前9時〜午後6時までとなっています。以前は土日祝日もプロミスコールではオペレーターによる対応を行っていたのですが、現在は土日祝日はプロミスコールは休業日となっていますので、プロミスコールでの解約を希望する場合には平日に電話をするようにしてください。

 

プロミスコールでの解約方法について

 

プロミスコールでの解約方法はとても簡単です。まずは平日の午前9時〜午後6時の間にプロミスコールに電話をして、解約の意思をオペレーターに伝えてください。

 

会員番号や氏名や生年月日などの情報を照会して、本人による解約の申し込みであることが確認されればその後解約の手続きが行われます。ほとんどの場合にはこの時点で解約の手続きが完了するのですが、その後書類などのやり取りが必要になる場合などもあるようです。

 

プロミス

 

解約を引き止められることなどはありません

 

プロミスでは解約の意思を伝えれば、すぐに解約の手続きが行われます。一部には解約の意思を伝えると解約を引き止められるキャッシング業者などもあるようですが、プロミスの場合にはそのようなことはありませんので、解約の手続きはあっさりと完了するのです。

 

解約の手続きが完了すると、その後解約が完了したことを知らせる通知が送付されることになります。解約の完了を知らせる通知については省略してもらうこともできますので、家族などにプロミスを利用していたことを知られたくないという場合などには、解約の完了を知らせる通知を送付しないように事前に依頼しておくようにしてください。

 

「お客様サービスプラザ」による解約方法をご紹介します

 

お客様サービスプラザはプロミスの店頭窓口であり、プロミスではお客様サービスプラザに足を運んで直接解約手続きを行うことができます。プロミスでは自動契約機・ローン契約機(三井住友銀行)・お客様サービスプラザなどを利用することができるのですが、解約の手続きについてはお客様サービスプラザのみの対応となりますので、くれぐれも注意をしてください。

 

お客様サービスプラザは日本全国に設置されています

 

お客様サービスプラザは、2015年12月の時点で日本全国に19店舗が設置されています。具体的には札幌、仙台、大宮、千葉、横浜、渋谷、新橋、名古屋、京都、金沢、梅田、なんば、神戸、松山、広島、福岡、鹿児島、那覇などで利用することができるのですが、お住いの地域にお客様サービスプラザがないという場合にはプロミスコールによる解約手続きを選択するようにしてください。

 

お客様サービスプラザを利用する場合には、事前に電話をして解約希望であることを伝えておくことをおすすめします。事前に解約希望であることを伝えておけば、解約のための手続きをスムースに行うことができるはずです。

 

お客様サービスプラザを利用する際には何を準備しておけばよいのでしょうか?

 

お客様サービスプラザで解約を申し込む場合には、印鑑身分証明書プロミスのローンカードを持参することが必要になります。これらを持参して店頭窓口で解約希望であることを伝えれば、その後の解約手続きをスタッフが行うことになります。

 

お客様サービスプラザの営業時間や営業日について

 

営業時間や営業日などについてはお客様サービスプラザごとに異なりますので、事前にホームページなどで確認をしてください。例えば渋谷お客様サービスプラザの場合には、平日・土曜日・日曜日・祝日ともに午前10時〜午後8時までの営業となっています。プロミスコールでは土日祝日の解約手続きは受け付けていませんので、土日祝日に解約手続きがしたいという場合には、お客様サービスセンターに足を運んで解約手続きを行うことが必要です。

 

次のような場合にはプロミスの契約を解約してしまうことをおすすめします

 

プロミスを利用する予定がないのであれば、契約を解約してしまった方が良いかもしれません。特に次のような場合には、プロミスの契約を解約してしまうことをおすすめしたいと思います。

 

不必要な利用を防ぎたい場合

 

プロミスなどのフリーキャッシングでは借入限度額の範囲内であればいつでも気軽に借り入れを利用することができますので、ついつい借り入れに頼ってしまいがちになります。しかし借り入れを利用すると利息などの負担が必要になりますし、借り入れにばかり頼っているといつまでも借金生活から抜け出せなくなってしまうのです。契約を解約してしまえば不必要な利用を防ぐことができますので、ついつい借り入れを利用してしまうという人はプロミスの解約を検討してみてください。

 

他のキャッシングやローンなどに申し込みたい場合

 

キャッシングやローンなどに申し込んだ場合には融資の可否を判断するために審査が行われるのですが、この時には個人信用情報機関に対して情報の照会が行われます。個人信用情報機関には申込者のキャッシングやローンなどに関する利用状況などが登録されているのですが、この時にプロミスの契約をしている場合には、借入額が0円であっても利用中であると判断されることになるのです。キャッシングやローンなどの提供を行う金融機関各社では貸し倒れの発生を警戒していますので、他社のキャッシングやローンの契約をしていると多重債務の可能性があると判断されて、審査が非常に厳しく行われることになります。今後利用する予定のないキャッシングやローンなどの契約は解約してしまった方が、新規のキャッシングやローンなどに申し込む場合には有利になるのです。特に住宅ローン教育ローンなどのような借入金額が大きなローンに申し込む場合には、現在利用しているキャッシングやローンなどはすべて完済して解約してしまうことをおすすめしたいと思います。

 

プロミスの契約の解約にはデメリットもあります

 

解約についてはメリットだけでなくデメリットなどもありますので、実際に解約を申し込む場合には注意が必要になります。次はプロミスの契約を解約した場合のデメリットについて、詳しく確認してみましょう。

 

審査を受け直すことが必要になります

 

プロミスの契約を解約してしまったからといって、二度とプロミスを利用できなくなるわけではありません。希望すれば再度プロミスを利用することができますので、安心してください。ただしその場合にはもう一度申し込みの手続きを行って、審査を受け直すことが必要になります。過去にプロミスの契約をして利用をしていたからといって、再審査に必ず通過できるとは限らないのです。過去の利用状況などに問題があれば審査落ちの可能性が高くなりますので、再審査に不安を感じるという人の場合には解約をせずに、プロミスとの契約を継続した方が有利かもしれません。

 

再契約をした場合には無利息期間サービスを利用することはできません

 

プロミスの無利息期間サービスは、プロミスを初めて利用する人が対象のサービスになります。過去に利用履歴がある人の場合には、解約後に再契約をしても無利息期間サービスの適用対象にはなりませんので、くれぐれも注意をしてください。ちなみにプロミスの無利息期間サービスを利用するためには、下記の条件をすべて満たすことが必要です。

 

  • プロミスへの申し込みが初めてであること
  • メールアドレスの登録を行うこと
  • web明細を利用すること

 

完済時のお釣りを受け取る必要があります

 

プロミスの返済の途中で契約を解約するという場合には、借り入れの残額を一括して返済する必要があります。ATMを利用して返済を行う場合には返済は1000円単位で行うことになりますので、一旦多めに返済をして後から払いすぎた分を返却してもらうことになるのです。つまりお釣りを受け取る必要があるということですから、若干手続きなどが面倒かもしれません。具体的には指定した口座あてに振り込みにより払いすぎた分を返却してもらうことになります。この時には振込手数料などはプロミスが負担することになりますので、手数料分だけ損をしてしまうということはありません。また店頭窓口を利用するようにすれば、お釣りが発生しないように1円単位で最後の返済を行うこともできます。

 

契約書の返却を受けることが必要になります

 

プロミスの契約を解約する場合には、プロミスとの間で交わした契約書の返却を受けることが必要になります。この時には「プロミスの側で破棄してもらう」「郵送で受け取る」「店頭窓口で受け取る」のいずれかの方法を選んでください。契約書が不要だという場合には、プロミスの側で破棄してもらう方法が簡単でおすすめです。また何かの場合に備えて契約書を保存しておきたいという場合には、郵送または店頭窓口で受け取る方法を選択するようにしましょう。ちなみにweb契約で申し込んだ場合にはパソコンなどの画面上で契約内容を確認することになりますので、原則として契約書の返却は行われないということになります。

 

プロミスの契約の解約をしないとその後はどうなるのでしょうか?

 

プロミスでは契約の更新について、会員規約において次のように明記しています。

 

【プロミスカード会員規約 第4条 (契約期間:借入期間)】
1.本規約にもとづく契約期間は、契約が成立した日から起算して5年間とし、お客様は、契約期間中、利用限度額の範囲内で繰返し借入ができます。
2.契約期間の満了日から起算して30日さかのぼった日より前に、お客様または当社から契約を継続しない旨の意思表示がない場合、契約は、さらに5年間自動継続し、以後も同様とします。
3. 契約が自動継続されることなく契約期間の満了により終了した場合、お客様は、以後あらたな借入ができません。

 

※プロミスの公式ホームページより

 

プロミスとの契約期間は5年間とされているのですが、5年が経過すると自動的に契約の更新が行われることになるのです。他社の場合には1年間の契約となっていることが一般的ですから、プロミスの契約期間は比較的長期だといえるでしょう。延滞などのトラブルがあった場合には自動更新が行われない場合もあるのですが、一般的な利用状況であればほとんどの場合には自動更新が行われることになります。

 

プロミスの契約の解約についてはメリットとデメリットを比較して判断するようにしましょう

 

今回はプロミスの解約方法などについて確認してみましたが、いかがでしたでしょうか。主な内容についてまとめてみると以下の通りとなります。

 

  • プロミスでは解約の際には「プロミスコール」「お客様サービスプラザ」を利用することができます
  • プロミスの契約の解約にはメリットデメリットがあります
  • プロミスでは特に希望をしなければ自動的に契約が更新されます

 

プロミスの契約の解約にはメリットとデメリットの両方がありますので、解約してしまうことが有利なのか、あるいは契約を更新することが有利なのかをしっかりと比較して、慎重に判断するようにしてください。

プロミス プロミスおすすめポイント


実質年率 融資限度額 無利息期間
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間
審査時間 レディース 即日振り込み
スピーディ審査

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

※フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。


プロミス

プロミスを利用しなくなった場合には契約を解約してしまった方がよいのでしょうか?プロミスの契約の解約について詳しく確認してみましょう関連ページ

プロミスの店舗窓口
すでに借り入れがある場合
本人確認・在籍確認
プロミスで増額
プロミスのアプリ
即日融資にも対応
プロミスの便利なキャッシング方法
自動契約機申し込み
ATMの営業時間と場所
プロミスの瞬フリ
ホーム RSS購読 サイトマップ