返済額を減らすために一括返済は有効な手段

資金に余裕があればプロミスの借入は一括返済すべき

プロミスweb契約

お急ぎの方必見!
プロミスの融資条件が分かる!

プロミススピーディ審査

スピーディな審査はプロミスの魅力!
審査の前にまずはこちらをチェック!

プロミスQ&A

営業時間は?金利は?返済方法は?
プロミスの質問に何でも答える!

一括返済で利息をなるべく減らそう

プロミスをはじめとするキャッシングの多くで、日割り計算による利息額の算出をしています。よく広告に出ている金利は年利換算のものです。ですから現時点の利息額を計算するためには、元金に年利をかけて、それを365日で割ります。そして借り入れ日数をかけた額になるわけです。つまり借入期間が短ければ短いほど、利息は少なくなって、返済の負担も軽減されるわけです。ですからまとまった資金が手元にあって、プロミスで借り入れをしているのであれば早めに返済をしてしまいましょう。できることなら、一括返済をしてしまうべきです。ただしプロミスで一括返済をする時には、注意すべきこともあります。

 

まずはプロミスに問い合わせを

プロミスのATMをチェックしてみましょう。おそらくメニューの中で一括返済という項目はないはずです。そこで事前にプロミスに問い合わせをして、一括返済する意思のある旨を伝えておきましょう。その上で、利息を含めてその日に一括返済する場合にはいくら必要なのかを確認しておきましょう。
ATMを使って返済をする場合、紙幣による取引になります。しかし一般的に利息を含めた総返済額は端数の出ることが多いです。そうなると一括返済するためには、余計に返済をしないといけません。例えば50500円を返済できないのでATMだと51000円を返済して、500円余計に支払いをする形になります。この場合500円の余分に返済した分は、プロミスから後日返還されます。皆さんが申込時に指定した銀行口座の方に振り込まれることになるでしょう。ATMではなく、店舗で返済をすればこのような端数もきちんと対処してくれます。ネットバンキングを使って返済する場合でも、余計なお金の還付などの必要がなくなります。

プロミス プロミスおすすめポイント


実質年率 融資限度額 無利息期間
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間
審査時間 レディース 即日振り込み
スピーディ審査

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

※フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。


プロミス

資金に余裕があればプロミスの借入は一括返済すべき関連ページ

ATMを使って返済
ホーム RSS購読 サイトマップ